M2

ミスドのデザイン一覧

A型(正式にはAタイプ)

1号店初採用。100号店を過ぎたあたりでG型に切り替わる。1980年にはすでに消滅していた。

ただし、復活している。

G型

導入時期は不明。消滅時期も不明。200号店から400号店にかけてあった。

N型

導入時期は不明。現在も一部のショップで現存しているが、近い将来消滅する。同、都内ではすでに消滅。

C型

N型と同時期に各地にあった。普通の店舗と違う点は、まず照明の形や、一軒家タイプでは天井がガラスになっているなどの違いがある。現存するのは残り3店舗。

 

F型

導入時期は2000年代。2005年当時の標準店舗はこんな感じ。2010年ごろから順次改装が進んでいる。

M型

初導入は1号店復活オープン時。2010年頃にはN型などをこのM型で置き換えていた。

しかし現在は減少している。

V型

2015年ごろに登場。今までは飲茶だけだったミスドのサブメニューを一新する形でパスタ・アイスなどが食べれるお店になった。

しかし店によって取り扱い種目はまちまちで意味不明。