【@暁の軌跡】3周年を前に一言。

暁の軌跡がまもなく3周年です。

あの伝説のクソゲーが、ここまで来るとは思ってはいませんでした。ストーリーにしろ、なんにしろ、ほぼ課金です。なにかあったら、課金。無課金ではclearできません。そんなゲームです。しかも、1回の課金では終われません。永遠と繰り返される、課金です。いいですか?1回ではないです。

実は以前3か月ほど前にとある投票をしたんです。「課金してましたか」という投票ですね。結果はこちら。

76票中、一番多かったのは「してた」、そして「してる」と「してない」が同じ、私が当てはまる「できない」は一番少ない結果になってるんですね。こんな夢も希望もないのに、よく課金できるな、と。いや、課金への導き方は多分他のゲームよりも抜群にうまいと思います。そこは(一応)褒めます。課金への導き方は、日本一、いや世界一うまいです。

モバイル版は罠

8月26日にモバイル版がリリースされますね。でも言います。あれは罠です。ワーナーです。実は中国で先行配信されています。やってみました。最高に糞です。課金する意味ありません。廃人になってやる意味もほとんどありません。

なぜここまで言うかというと、クソだからです。まじです。確かに現行のPC版(以下β版)よりは改善されてますし、モバイル向けといえるでしょう。ですが、ストーリーが改変させられています。そして、今回のモバイル版も(中国版の異色なので)改変させられています。

何が言いたいかというと、正史がありません。それこそドラ●もんのタイムパラドックスじゃないですけど、様々なストーリーがあります。これを公式が黙認して展開しているのです。ありえないですよね。ですから先に言っておきます。「暁の軌跡」は「パラレル」です。

パラレル、と言われても以前PSPでFalcom公式が発売した「那由多」とは少し違います。あれは「完全パラレル」です。ですがこちらは「パラレル」です。何が違うかというと、世界観とかですね。暁は記憶改変してんじゃねーのレベルでパラレルです。

とはいえ、ストーリーは日本人が作った(後半やバス停はどうやら中国人が作った危ない物語)ものなので、手が出せません。

運営会社が罠

もういいます。運営会社が罠です。これ。最近のFalcomもひどいものが多いですが、それを超えるやばさです。はい。UJJですね。

UJJ。聞いたことありませんよね。なんでか知ってますか?それは権利だけ買ってそれを盛大に振り回して金にしようとしているからです。そのためにあのようなやっつけ仕様になってるんですね。

いいですか。もう事前登録を済ませたみなさんに一言。

モバイル版には期待しよう!さあ、がんばれ。

「【@暁の軌跡】3周年を前に一言。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です