暁の軌跡の現状

2019.3.14 公開
2019.4.5 総評から記述を変更して一回目の更新
2019.4.29 いろいろと新イベントなどもあったので二回目の更新
2019.5.11 インフレ等がかなり激しいので三回目の更新
2019.6.16 四回目の更新
2019.6.28 五回目の更新
2019.8.1 mobile版事前登録が始まったので六回目の更新
2019.8.8 レイドリニューアル(改悪)で七回目の更新

現状のゲーム人口

PC版では、武術大会に参戦しているアクティブなプレイヤーが約2000人程度、非アクティブなプレイヤーだと10万は行く。しかし非アクティブなプレイヤーの大半は約20000時間以上プレイをしていない「断念初期勢」である。断念初期勢が大半を占めているため、助っ人選びの時に弱いプレイヤーが出てきてしまう。(分隊レベル50以降ではそうでもないが)

PS版はPC版よりプレイヤーの数がさらに少ない。理由としてはPC版より少し後に展開されたためなのと、ロード時間がPC版の数倍かかるから。(PC版もスペックに左右されやすいが、早いものでは早い)また、PS4版においてはHD対応のはずなのに、なぜかSD画質で表示されるのも問題点の一つ。

モバイル版について

2019年8月より配信が始まる「暁の軌跡モバイル」は、このPC版暁の軌跡をモバイル(Iphone・android・任天堂switch)向けに改造したもので、PS版と同じく連動せず、また名称も違うことから進度や難易度も全く異なる。解釈としてはPC版暁の軌跡をモバイル向けに改造して1からやり直したと考えていい。余談だが軌跡シリーズでモバイル化をしたのは今のところ空の軌跡シリーズ(FC~The 3rd)のみ。
モバイル版の詳しい情報に関してはこちら

ゲームバランス

オフゲRPGで出してくれれば(ストーリーを待つことがないので)最高だったのは一つ。また最近のイベントはゲームバランスも戦術も一切なく、ただただ強いキャラを育成するしかないようなのが多い。育成できない人は最終的には助っ人に頼ることになるが、最終的には手持ちのキャラでうまくやりくりしていくしかない。

「英雄伝説 暁の軌跡」良ポイント

他サイト・ゲーム評価レビューなどでは愚痴やデメリットばかり目立ってしまいがちだが、個人的にはメリットもそれなりにあるとは思っている。

その1 パーティ編成の自由度
軌跡シリーズの歴代の主人公から敵、そして名脇役まで全てそろっているのが強みで、さらにパーティは自由。通常探索ではキャラがLv30の時点で(余程弱くなければ)余裕が生まれるので、実質問題なし。エンドコンテンツでは無理だけど。それでもやっぱり軌跡シリーズで好きなキャラを好きに操れたりするのはうれしい。

その2 キャラ(衣装)の豊富度
2019年4月3日付で閃の軌跡I・IIのVII組メンバー(旧VII組)がすべて集結したため、閃の軌跡までに知っているキャラはほぼ全て実装したといっても過言ではない。例外的に空の軌跡のカシウスや碧の軌跡のチート級敵キャラ、閃の軌跡のモブキャラが未実装であるが、果たしてこれらのキャラを待っているプレイヤーがどれだけいるのかは今のところ定かではない。
また、閃の軌跡III・IVでの新キャラ(ユウナとかミュゼとかの新VII組キャラ)などは(時系列に配慮したのか)現在も未実装である。

その3 過去の軌跡シリーズを使用したシステム
「暁の軌跡」自体軌跡シリーズに乗っ取った作品のため、ATバトル(Action Time battle)は他のRPGと違いそれなりに面白い。もちろんそれを悪用したイベントも存在するが、やはり軌跡は軌跡なので、ATボーナスやSブレイクの爽快さは他のシリーズでは味わえない。ましてやオンラインゲームではね。それだけに、このゲームバランスは少し残念な気もする。

新イベント(失敗含む)

2019年4月開催「真武宴」

公式から新イベントを実施するとの旨の告知があった。一部のプレイヤーからは少し期待されていたものの、実際は極難易度の上級素材集めだった。このことから、新イベントに過度な期待はしていけないという暗黙の了解がされている…が、イベント肝心の上級素材は作成に多額のミラと素材を要求されるため、育成プレイヤーからは好評を得た。しかしストーリー目的のプレイヤーや初心者・中級プレイヤーには少し残念なイベントとなってしまった。

2019年6月開催「練武道場」

公式から再度新イベントを開催するとの告知が出て、「練武道場」の開催が決定。前回のツケがあるため元々期待されていなかったが、今回はその期待をはるかに下回るゲリライベントだった。翌日にはログイン障害で閉鎖する盛大なオチがつき、公式では途中経過報告もなしに「閉鎖」扱いされ、事実上の闇に葬ったことになる。実際、ここに来るまで何の経過報告もない。たぶん面倒になったかモバイル版が出た後に再調整してやるか、おそらく前者だと思う。もう黒歴史。

現状のインフレについて

ソシャゲテイストである以上ある程度のインフレは仕方ないと思っている。(現にパ◯ドラやモ◯ストがそれを物語っている)しかし暁の軌跡ではそのインフレの速度が他のゲームに比べ圧倒的に早い。実際、2周年の記念キャラと現状(3周年目前)のキャラでは圧倒的に攻撃力・防御力がけた外れに違う。そのインフレについていこうとしてレイドバトルや新いベンド(前述)がリニューアルされたり実装されたりするのだが、そこでまたインフレが起き、それに対抗するキャラを…という、典型的な無限ループが発生してしまっている。今までの軌跡シリーズはもちろんそんなものは存在しないのでそれになれないソシャゲ初心者には痛い。ソシャゲ上級者でも難しいだろうし、課金廃人でもこのインフレは異常である。それを除けばキャラゲーとしては軌跡最高なので、なんともいえない。