Profile

名称:Aoton(平仮名:あおとん、漢字?:青頓)
年齢:18(成人の実感ゼロ)
趣味:PC、ガジェ厨、ミスド巡り、汎用からくり時計の調査等
資格:IT-Passport・P検準2(※どれも別に大したことはない)

ネットでの活動履歴

2011年12月 Xユーザーになる。
2012年11月 小1で自分のHPを作成。(2022年11月サ終)
2017年8月 空鉄に参戦
2018年5月 YouTubeチャンネル開設(Aoton)
2019年9月 YouTubeチャンネル停止(Aoton)
2019年10月 YouTubeチャンネル再開設(AotonSoft、AotonTV)
2021年8月 YouTubeチャンネル復活(Aoton)
2022年3月 AotonTVチャンネル登録者1000人達成

リアルな世界

幼稚園→ほぼ記憶なし。上記の通り幼稚園年長の時には既にiPadに触れている。
小1→ふつうにガキ
小2→まぁ普通
小3→担任がやばかった。共感できるのは当時同じクラス人だった人のみだが
小4→比較的安定期
小5→い○め全盛期。自作PC開始
小6→生活スタイルが今とほぼ同じになる、ネット本格開始
中1→今の友人関係がほぼここで形成される。大物YouTuber目指し開設w
中2→い○め二期。学年末期よりウイルス元年に突入。YouTube再開設
中3→ウイルス元年。しかし受験だったので修学旅行以外影響なし。
   多分直近5年で一番勉強していた時期。塾全盛期。もう再現できん。

高1
高校へ入学するも、マウント取りすぎて無事孤立。ネットでも某界隈とのレスバを続け、大量にブロックされる。レスバをテスト期間にやっていたため、当然成績はごみ。その後、界隈をいったん離れてやけくそで某ソシャゲにハマる。何故だか知らんが無課金の限界に挑戦しようとしたため、他のことに集中できなくなったがために成績ごみ状態をキープしてしまう。

高2
遠足での班分けが原因でクラス最後の友人を失う。その後オタ女子と関わるも失敗。孤立期間が長く続いた。某ソシャゲは1周年を見切りに捨ての方向に舵を切り、1.5周年を最後にログインをやめる。その結果徐々に成績をマイナスから0に戻し始める。年末にぼざろ視聴、気づいたら聖地巡礼をしていた。
原点回帰で5年ぶりにiOSユーザーに復帰。と同時に自分の手持ちで初めてスマホを購入する。

高3
クラス替え後も孤立状態が続くが、YouTubeの収益化開始やMisdoWikiのPV上昇など徐々に好転となり始める。進路系がだるくてへこむも、様々な人との再会、M倉の存在もあり成績も徐々に復活。

大学生以降→現状不明。いいことあるぞの精神で頑張りたい所存。

趣味深堀大会

PC

完全に親の影響。一時期鬼のように某中古店(エコリユースファクトリー)を巡るも流石に飽きた模様。
自作PCの知識はあるため金さえあれば組もうと思えば組める。でも金だろ金

ガジェ厨

これも親の影響、厳密には親が低スぺスマホ(=エントリースマホ という名の産業廃棄物)しか買い与えなかったが故、QOL向上のためにスマホについて理解しようとしたらハマってしまったというオチ。今はiPhoneを使用していますが、サブでAndroidも欲しいと思っている。
欲しいスマホ:AndroidならGalaxy Sシリーズのハイエンド iPhoneは15確定。ProMAX級はでかいのでいらん。

ミスド巡り

元々商業施設が好きで行ったりした先の延長線から始まる。Misdo Vistors Homepage(MVHP)の存在を知り完全にハマる。ドーナツだけではないことを知りさらにハマる。完全に沼にハマり、wiki3.jp/misdoを作成。全店舗ショップリストを完成してしまう沼あほになってしまった。

汎用からくり時計の調査

趣味の中では新しい部類に入る。これもやはり商業施設つながりでS○G○のからくり時計を知った後汎用からくり時計の存在を知る。長崎屋勝田店に設置されている某時計から、汎用時計にハマり始め、以後情報収集にあたっている。なお、汎用以外はあまり好きではない模様。でも調査しないこともない(例:ヒロタビル)

その他:鉄道、旅行、ぼざろ 等

YouTube活動

幼少期からYouTubeに触れている。これは、当時iPadにYouTubeがプリインストールされていたことが原因。Xも同様の理由でアカウントを作成してしまっている。そうではないLINEやイソスタなどは比較的近年のアカウント作成となっている。

YouTubeのアカウント自体は2018年作成。これは、小学生はアカウント作っちゃダメの精神ルール(厳密には、13歳以下はアカウント作成禁止)に則ったものであり、13歳になった5月に作成している。当時は発車メロディー系の動画等を投稿するも、某K氏により無事停止。反発するも見事に信者たちからインリツの嵐に合う。仕方がないため、2019年10月に再作成。

2020年11月投稿の「お風呂のメロディー集」(以下、風呂メロ)が伸び始める。高校受験を挟んで翌年3月、風呂メロの新版を投稿すると、10万回以上再生される大ヒット動画となり、現在は65万回、シリーズ全体だと100万回以上再生される代表作となる。

投稿チャンネルの「AotonTV」も2022年3月に悲願の登録者1000人を達成。その翌年には収益化も開始するなど、今後もますます伸びていくことを願い、10万人・100万人で銀・金盾が貰えるその日を待っています()

いや、まずは1万人ですが。