SNLM オンラインヘルプ

画面説明(メインウィンドウ)

メインウィンドウ・各種テキストボックス

駅名…当駅の名称(中央部分)
左駅…左の駅の名称
右駅…右の駅の名称

漢字…漢字の部分
ローマ字・英語…ローマ字及び英語の部分
ひらがな…ひらがなの部分
※ローマ字・英語と、ひらがなの部分関しましては翻訳機能をONにすると漢字を入力するだけで自動入力されます。

ナンバリング…左欄が路線ナンバリング(CA、Fなどいった英字)、右欄が駅番号。(01や32などといった数字)

長音記号キーボード

ĀĪŪĒŌなどの記号をボタンから入力できます。独自に設定したフォントで一部のフォントは非対応です。(デフォルトのフォントはすべて対応済み)

※Build 1020からローマ字・英語の入力時のみ表示されるようになりました。

翻訳ボタン

入力された日本語をオンライン経由で中国語・韓国語へ翻訳します。翻訳したテキストは対応駅名標テーマでのみ使用できます。オフラインではご利用いただけません。

※駅名部分が空欄の場合、翻訳は開始されません。
※翻訳には数秒程度かかります。その間、SNLMを使用することはできません。

テーマの選択

テーマを変更することができます。テーマごとに仕様が異なります。2020年3月15日現在使用できるテーマは、

  • JR北海道
  • JR東日本
  • JR東海
  • JR西日本
  • JR九州
  • 都営
  • 国鉄
  • 名鉄
  • 京急
  • 小田急
  • IRいしかわ鉄道
  • あいの風とやま鉄道
  • ETR日本海ひすいライン
  • ETR妙高はねうまライン
  • 仙台空港鉄道
  • 城北線
  • ニューシャトル
  • 西鉄

テーマの選択画面からはそこからカテゴリー別に分けることができます。カテゴリーは「JR」「私鉄」「第三セクター」「全」です。(※「全」は全て)また、テーマ選択画面からは検索も使用できます。

特定都区市内表記

駅名標の右上に「区」や「山」といった表記を付けることができます。
JR系・国鉄駅名標テーマのみ対応

独自フォント(β版)

独自のフォントを使用することができ、本物に近いフォントを使用することで、よりリアリティのある駅名標を作成できます。
JR東海・城北線・西鉄駅名標テーマのみ対応中 ※試験運用中、β版

※ĀĪŪĒŌといった長音記号に非対応のフォントは、表示されませんので、ご注意ください。
※一部のフォントには対応しておりません。

ナンバリング

ナンバリングが使用できます。

アイコン別説明

アイコン画像 アイコンの名称 アイコンの意味
駅名標を削除 駅名標を削除します。
(注意:すべてのデータが削除されます)
 オフ時
 オン時
駅名標プレビューオン/オフ 駅名標のプレビューモードのオン/オフボタンです。
編集ファイルを開く 編集ファイル(.txt)を開きます。
編集ファイルを保存 編集ファイル(.txt)として保存します。
駅名標を保存 駅名標を画像ファイル(形式は下記)として保存します。
テーマを選択 上記「テーマの選択」画面が表示されます。
左に矢印 左方向に矢印を付けます。
右に矢印 右方向に矢印を付けます。
ナンバリング表示/非表示 ナンバリングを付けます。
ロゴ表示/非表示 ロゴを付けます。
色を選択 色を選択します。
アップデートの確認
アップデートを確認します。
共有 共有を開始します。
「共有について」の項 参照

共有

クリップボードに出力イメージをコピー

出力した駅名標(画像)をクリップボードにコピーします。コピーされた駅名標は全ての画像対応アプリケーション(※一部除く)に対応しております。

ペイントで編集

出力した駅名標(画像)を一旦SNLMで画像を保存せずにそのまま「ペイント」で編集することができます。「ペイント」で編集した画像はSNLMとは別に保存できることができます。

駅名標をWindowsで開く

出力した駅名標(画像)をWindowsで開くことができます。Windows 10の場合は「フォト」アプリとなります。(※既定のプログラムに沿い起動します。)ただし、出力した駅名標はSNLMが起動している間のみ共有や編集することができ、再度この機能を利用すると、画像は上書きされますので、予めご了承ください。

各種説明

編集ファイル(テキスト)

編集ファイル形式(拡張子)…txt

編集ファイル(以下本ファイル)は、SNLMの作業をtxt形式で保存します。txt形式ですので、テキストエディタ(メモ帳etc)で中身を変更することもできます。SNLMでは開くことと、保存すること作業のみできます。なお、一番最後に作成したデータは[ツール]-[バックアップデータの確認]から読み込むことができます。

画像ファイル

画像ファイル形式(拡張子)…png jpg gif bmp tiff webp ico

作った駅名標を画像ファイルとして保存することができます。現在7種類の画像形式に対応しております。特にこだわりがない場合は、画質の良いPNG形式での保存を推奨します。

バージョン確認(エディション確認)

バージョンの確認は、[ヘルプ]-[バージョン情報]から確認できます。
Pro版の場合、「SNLM Pro」と表示されます。
※オフラインの場合はバージョンやビルドを取得することができません。
※オフライン時は更新履歴ログとエディションのみ、表示されます。

自動更新

最新版が出た場合は自動的に「SNLMを更新中です。」というダイアログが出て、すぐにSNLMが自動的に再起動されて最新版になります。特別作業を行う必要はありませんが、オフライン時にはこのダイアログは開けず、またバージョンやビルドも取得ができなくなりますのでご注意ください。

手動更新

オンライン時でもアプリケーションによる自動更新ができない場合(及び V1.0.1.0よりも古いバージョン)は、再度手動で更新をする必要があります。再度、ダウンロードはトップページから行ってください。
手動でも更新できない場合は、既存のSNLMを一旦アンインストールしてから、再度インストールしてお試しください。それでもインストールができない場合は、使用OSとビルドをご確認し、記録した上で、公式掲示板にご連絡ください。

付属ツール

SNLM Upgrade Assistant(SUA)

SNLMをPro版(SNLM Pro)にアップグレードする際に使用します。

Windows 10 Pro以上(Home・10以外のOSは除く)のOSをお使いの方のみ、16桁のコードを入力するだけで、後述のSILや拡張設定などが全て無料で利用できるようになります。

16桁のコードはこちら

SNLM Image Library(SIL)

SNLMのロゴや、駅名標に使える素材などをSNLMを通じて皆様に提供しています。
素材を選び、「ダウンロード」「編集」の二つのコマンドが使用できます。

その他にご不明な点や、不具合やバグ等でSNLMが正常に機能しない場合は、フィードバックフォームまで随時お願いいたします。

SNLMバージョン:V1.0.2.4 Bulid 1024(最新バージョン/ビルド)
最終更新日:2020.3.15