ヘルプページ

 

*分岐駅機能使用時

駅名…当駅の駅名(中央部分)
左駅(左上*)…左の駅名(左上の駅名)
右駅(右上*)…右の駅名(右上の駅名)
左下*…左下の駅名
右下*…右下の駅名

漢字…漢字の部分
ローマ字(英語)…ローマ字(英語)の部分
ひらがな…ひらがなの部分
※ローマ字・英語、ひらがなの部分は変換機能をONにすると、漢字を入力するだけで自動的に入力されます。

ナンバリング…左欄が路線ナンバリング(CA、Fなどいった英字)、右欄が駅番号です。(01や32などの数字)

翻訳

入力された日本語をオンラインで中国語・韓国語へ翻訳します。翻訳したテキストは対応駅名標でのみ使用できます。オフラインではご利用いただけません。

※駅名部分が空欄の場合、翻訳は開始されません。また、連続しての翻訳はできません。
※翻訳には数秒程度かかります。

駅名標の選択

駅名標の種類を選択できます。

特定都区市内表記

駅名標の右上に「札」「区」「山」「阪」「京」「仙」「九」などといった表記を付けることができます。
JR・国鉄 駅名標のみ対応

ツールバー

画像を保存 駅名標を画像として保存します。
駅名標を削除 駅名標を削除します。
注:すべてのデータが完全に削除されます。
編集ファイルを開く 編集中の駅名標ファイルを開きます。
編集ファイルを保存 編集中の駅名標ファイルを保存します。
駅名標を選択 駅名標の種類を選択します。
ナンバリングの表示/非表示 ナンバリングの表示を切り替えられます。
外枠の表示/非表示 外枠の表示を切り替えられます。
色の設定 「色の設定」ダイアログが開きます。
フォントの設定 「フォントの設定」ダイアログが開きます。
自動変換オン/オフ ローマ字への自動変換のオン/オフを切り替えられます。
四か国語の表示/非表示 四か国語表記の表示を切り替えられます。
翻訳 入力した駅名を中国語・韓国語に翻訳します。
クリップボードに出力イメージをコピー

出力した駅名標を画像としてクリップボードにコピーします。

各種説明

編集ファイル

編集ファイル形式(拡張子)…txt snlm

編集ファイルは、駅名標メーカーで編集途中の状態を保存します。

画像ファイル

画像ファイル形式(拡張子)…png jpg gif bmp tiff

作った駅名標を画像ファイルとして保存することができます。現在5種類の画像形式に対応しております。
画質の良いPNG形式での保存を推奨します。

バージョン

ソフトのバージョンは、[ヘルプ]-[バージョン情報]から確認することができます。

手動での更新方法

オンライン時でもアプリケーションによる更新ができない場合は、再度手動で更新をする必要があります。再度、ダウンロードはトップページから行ってください。
手動でも更新できない場合は、既存のアプリを一旦アンインストールしてから、再度インストールするなどしてお試しください。

その他にご不明な点や、不具合・バグ等でアプリが正常に機能しない場合は、フィードバックフォームまで随時お願いいたします。

最終バージョン:V2.0.2.4 Bulid 2024
最終更新日:2022.9.23