駅名標メーカー3 リリース告知

駅名標メーカーより、次期バージョンである「駅名標メーカー3」のリリース予定について、お知らせいたします。

現在の「駅名標メーカー2」(当初は「SNLM 2」)は、2021年11月1日より正式サービスを開始しました。

それまで提供していた従来の駅名標メーカー(~V1.0.3.0)と比べて、描画の正確性やソフトの処理速度は向上し、以降も様々な新機能の提供、仕様の調整、不具合修正などを行っています。

しかし、既にネット上で公開されている他の駅名標が作成できるサイトなどに比べ、作成できる画像のサイズや、自分で設定できる部分というのは限られているのが現状です。

例:Sigene 駅名標ジェネレーター (tr246.github.io)

そこで、現在の駅名標メーカーでのカスタマイズ性はそのままに、より実物のサイズ比に近づけた新しい駅名標メーカーを開発することとなりました。

現在の「駅名標メーカー2」について

前述のとおり2021年11月1日にリリースし、現在も更新を続けている「駅名標メーカー2」ですが、当面の間は更新を続ける予定とします。「駅名標メーカー3」のリリース時点でのサポート終了はしないこととします。(ただし最新版のみに限定する。)

「駅名標メーカー2」との互換性について

2022年9月3日のアップデートで、編集ファイルを開いたり、保存できるようになりました。「駅名標メーカー2」で編集し保存したsnlmファイルは、今後リリース予定の「駅名標メーカー3」でも編集ファイルを開くことができる予定です。また、「駅名標メーカー3」で編集し保存したsnlmファイルも「駅名標メーカー2」で開くことができる予定としております。

※V1.0.3.0以前に作成したsnlmファイルは互換性がないため、ファイルを開くことはできません。

「駅名標メーカー3」の動作環境について

動作環境は現状と変わらず「Windows 10」「Windows 11」の64bit専用ソフトとなります。
動作に必要なランタイムも現状と変わらない予定です。

「駅名標メーカー3」の今後の予定について

年内に「駅名標メーカー3」のβ版を公開し、2023年以降に「駅名標メーカー3」をリリースする予定です。
具体的なリリース予定日や、β版の公開日については、後日お知らせいたします。

 

「駅名標メーカー3」では、さらに詳細な設定が可能になる予定です。「駅名標メーカー2」のカスタマイズ性や大まかなシステムはそのままに、よりリアルで細かいところも忠実に再現した「駅名標メーカー3」にご期待ください。

以上、駅名標メーカーからのお知らせでした。